『銀波露』とは、『銀波』『銀露』という熟語を組み合わせた造語であり
月明かりに映し出されて銀白色に輝く『波』や『草露』といった意味を持ちます。
店名の由来としては、穏やかな光で輝き続ける事で『やすらぎ』『癒し』といった空間を
提供していきたい・・・という意味を込めました

銀波露のラーメンは徹底的に『風味』にこだわりました。
北海道産豚のゲンコツを半日以上かけてじっくり煮込んだ豚骨スープをベースに
特製の油を使用して『炎』を上げながら "最強の火加減" で調理する事で
全ての旨みをスープの中に閉じ込めます。
仕上げに胡麻と揚げにんにくを散りばめる事で完成される
独特の香ばしさが特徴的な『新時代個性派拉麺』です

銀波露ではお店づくりのコンセプトとして『木』をたくさん使用しております。
『木』の持つ "ぬくもり" や "あたたかさ" と『洗練されたモダンな雰囲気』の融合。
そしてスタッフ全員が『おもてなしの心』を持って取り組む事への徹底。
お客様においしいラーメンを提供する事・居心地の良いサービスと空間を提供する事・・・
全てのお客様に満足して頂ける『noodle restaurant』を目指しております。

銀波露のチャーシューは、厳選を重ねて選び抜いた豚肩ロースを使用しており
大きさと程良い柔らかさ、そして肉の旨みを逃がさないためにスチーム調理するなどの
徹底したこだわりが自慢で、食べ応えと迫力が満点です。
また道産食材にもこだわり、玉ねぎ・ターサイ・軟白ねぎなどの野菜はもちろんのこと
長期間熟成させて作られる北海道味噌を使用した『味噌らぁめん』は、濃厚でありながらも
まろやかなコクが特徴的であり、下味を付けた道産豚バラ肉を油で揚げた『ぱいくぅ麺』は
オリジナリティー溢れる人気メニューのひとつです。
この様な銀波露こだわりのラーメンをおいしく食べて頂くためにも
お客様第一に考えたオペレーションへの取り組みを徹底的に行ない
『元気』と『笑顔』を忘れずに心温まるサービスで『安らぎのひととき』を提供する事
お客様との一期一会を大切に、そしてお客様の期待に応え続ける事で生まれる信頼関係の構築と
『出会いの素晴らしさ』を求めていく事・・・

それら全てが『記憶に残る確かな一杯』となる様、これからも日々邁進し続けていきます。